スポッツ・プロジェクトからのお知らせ

野球競技会in豊見城市・浦添市(沖縄) 開催報告

2013年8月4日(日)、野球競技会in豊見城市(沖縄)を開催しました。

開催概要

開催日: 2013年8月4日(日) 午前
会場: 沖縄セルラースタジアム那覇
主催: (社)スポッツ・プロジェクト
特別協賛:㈱ナイキジャパン
協賛: ㈱沖縄ポッカコーポレーション、㈱アルペンSPORTSDEPO沖縄
後援: 豊見城市教育委員会
運営協力:㈱スリーライト、昭和㈱、㈱RAM SPORTS
ゲスト: 小宮山悟氏(元千葉ロッテ)、平良幸一氏(元西武)、小林宏之氏(現群馬ダイヤモンドペガサス)
参加者: 豊見城市、他浦添市、島尻郡内 中学3年生 51名
技術指導: 守備練習、打撃練習
競技種目: 30m走、ベースランニング、遠投

様子

8月4日(日)午前、沖縄セルラースタジアム那覇にて、2年目を迎える
「野球競技会in豊見城市(沖縄)」を開催しました。
同市からの参加者の他、新たに、浦添市、島尻郡地域の中学3年生、
総勢51名が参加し、競技会がスタートしました。
ゲストコーチには、元プロ野球選手の小宮山悟氏、平良幸一氏、そして
現役野球選手の小林宏之氏を迎えました。

  
コーチからは「硬式球はけがをしやすいので、気を引き締めてやるように」と
声がかけられ、キャッチボールの指導後、守備のときの構えや投げ方など
硬式野球の基本を細かく指導していただきました。 
打撃練習では、硬式用バットの重さ、ボールが芯を外れた時の手の痛みに
苦戦しながらも、飛距離の出る硬式球の醍醐味を楽しんでいる様子が印象的でした。
競技会では、30m走、ベースランニング、遠投の3種目を計測。30m走、ベースランニングでは
これまでの記録を塗り替える新記録が飛び出しました。今後の活躍にも目が離せません。

  

  

※競技会結果は、「データ・フィールド」にて閲覧いただけます。 

【2013-08-19】

前のページへ戻る