スポッツ・プロジェクトからのお知らせ

KAZUYA PROJECT 福浦和也選手による特別支援学校訪問

主旨

千葉ロッテマリーンズのプロ野球選手、福浦和也氏が推進するプロジェクト。児童福祉施設や特別支援 学校の子どもたちに、「夢や希望を持つきっかけ」を与えたいという本人の強い思いから2003年にスタート、千葉マリンスタジアムに『KAZUYAシート』を設け、子どもたちを招待することから始まりました。2009年からは、本人が直接学校を訪問し、子どもたちとの触れ合いの機会を増やしており、これまで千葉県内の特別支援 学校や養護学校など24校に訪問、本プロジェクトも10年を迎えております。福浦選手の「子どもたちを元気づけたい、勇気づけたい」という思いが原動力となり、KAZUYA PROJECTは続いていきます。

2013年度 訪問校

(1) 千葉県立香取特別支援学校 (千葉県香取郡神崎町大貫383-13)

日時: 2013年12月16日(月) 9:00~11:00

場所: 神埼グラウンド及び学校体育館

対象: 小学部32名、中学部33名、高等部99名 計164名

内容: バッティング披露、ノック練習、ボールキャッチ、○×クイズ など


(2) 船橋市立船橋特別支援学校 (千葉県船橋市金掘町349-1)

日時: 2013年12月16日(月) 13:15~15:15

場所: 金掘校舎グラウンド及び学校体育館

対象: 中学部53名、高等部125名 計178名

内容: キャッチボール、ノック練習、ボールキャッチ、質問コーナ

●プロジェクトの詳細については、HPもご覧ください。
KAZUYA PROJECT 

【2013-12-12】

前のページへ戻る