スポッツ・プロジェクトからのお知らせ

KAZUYA PROJECT 福浦和也選手による特別支援学校訪問

主旨

千葉ロッテマリーンズのプロ野球選手、福浦和也氏が推進するプロジェクト。児童福祉施設や特別支援 学校の子どもたちに、「夢や希望を持つきっかけ」を与えたいという本人の強い思いから2003年にスタート、千葉マリンスタジアムに『KAZUYAシート』を設け、子どもたちを招待することから始まりました。2009年からは、本人が直接学校を訪問し、子どもたちとの触れ合いの機会を増やしており、これまで千葉県内の特別支援学校や養護学校など26校に訪問しています。福浦選手の「子どもたちを元気づけたい、勇気づけたい」という思いが原動力となり、KAZUYA PROJECTは続いていきます。

2014年度 訪問校

(1) 千葉県立松戸特別支援学校 (千葉県松戸市栗ケ沢784-17)

日時: 2014年12月10日(水) 9:30~11:30

場所: 教室及び学校体育館

対象: 小学部80名、中学部33名、高等部37名 計150名

内容: 教室訪問、朝の会への参加、質問コーナー、キャッチボール・バッティングの披露

●プロジェクトの詳細については、HPもご覧ください。
KAZUYA PROJECT 

【2014-12-08】

前のページへ戻る