スポッツ・プロジェクトからのお知らせ

第6回田んぼプロジェクト「田植え体験」開催レポート 

 

第6回田んぼプロジェクト

~アスリートと一緒に「元気米」を作ろう!!~

開催概要

日時: 2016年4月29日(祝金) 10時00分~13時00分
場所: 千葉県袖ケ浦市農畜産物直売所「ゆりの里」
参加者: ご家族、ご夫婦、ご友人 など 33組114名
参加アスリート: 小宮山悟氏(野球解説者)
進行: 島村幸男氏(タレント・DJ)
内容: 田植え体験&交流会
主催: 一般社団法人スポッツ・プロジェクト
後援: 袖ケ浦市、袖ケ浦市観光協会
協賛: 象印マホービン株式会社 「ライスマイルプロジェクト」
協力: 君津市農業協同組合(JAきみつ)、島村ファーム、株式会社ベイスオブスポーツ

様子

4月29日(祝金)、心配された天候もなんとか持ちこたえ、第6回田んぼプロジェクトを開催
しました。会場には多くの家族連れの参加者の方の他に、野球解説者の小宮山悟さん
(当日は野球中継がある為、開校式のみの参加)、ラジオDJでお馴染みの島村幸男さんが
駆けつけてくださいました。田んぼに立てる立札を作り、JAの方から稲の植え方の指導を
受けた後、皆さんで田んぼに移動しました。

    

田んぼに到着すると島村さん、JAきみつさんからの誘導をうけ次々に田んぼに入っていきます。
天候があまり良くないこともあり、肌寒い中での実施でしたが、少しすると、
「田んぼの中の方があったかいよー」「楽しい」「パパはやくー!」といった声が多く聞こえる
様になり、気がつけば大人たちの倍のスピードで稲を植えている子どもたちもいました。
その元気のおかげか天候も回復し、昼頃には晴天になりました。

    

   

会場にもどり、田んぼの泥を落とし「交流会」へ!
ストラックアウト、餅つき(JAきみつ協力)、そして〇✖ゲーム(象印マホービン社協力)を行いました。
ストラックアウトグループ、餅つきグループの半分に分かれ交代で、それぞれのアトラクションに
参加していただきました。ストラックアウトでは何枚も当てる子どもたち、的に当たらず悔しがる
子どもたちと様々でしたが、お父さん、お母さんが投げる姿を応援したり、「もう一回‼」と、
何度も挑戦する場面が見られるなど、和気あいあいと皆さん楽しんでプレーされていました。
餅つき大会も大盛り上がり、つきたてのお餅もをもりもり食べている子どもたちの姿が
とても愛しく感じられました。そして最後の〇✖ゲーム大会へ。象印マホービン社から、
お米・炊飯方法に関する様々な問題が出題され、正解したご家族が見事豪華賞品をゲットしました!

     

日本人の主食であるお米。お米作りの行程を体験しながら「食」の大切さ、難しさを多くの笑顔の中で
学んでいくことが出来ました。次回は6月18日(土)に草取り、ジャガイモ堀り体験です。
今年の元気米にもご期待下さい!

【2016-05-12】

前のページへ戻る