• HOME
  • »
  • スポッツ・プロジェクトについて

スポッツ・プロジェクトについて

スポッツ・プロジェクトについて

スポッツ・プロジェクトは、スポーツ人材の健全な育成、社会経済の発展に資するスポーツ振興のため、アスリートとともに、スポーツを通じての青少年育成、地域貢献、社会福祉活動を推進します。
ひとつひとつの会場を大切に。スポッツ・プロジェクトのスピリッツを全国、全世界に広げていきます。

社会事業

社会経済におけるスポーツの価値とその未来のために

スポーツには、人に「明るさ」「元気さ」「楽しさ」「感動」「喜び」「共感」「落胆」「努力」「希望」などを与えてくれる「力」があります。人々はスポーツを通して、この「力」を享受し、生きる「力」に変えていきます。現代社会、経済においてもスポーツの存在が必要とされていることは言うまでもありません。
 私たちはこのスポーツの「力」を最大限に活用し、地域社会に貢献する取組みを展開すると同時に、新しい価値を備えたスポーツ事業を提案し、メジャー、マイナー問わずすべてのスポーツが社会経済に根付くためのスポーツ振興を担い、スポーツがさらに社会に貢献できる存在となるための活動を推進します。

田んぼプロジェクト
被災地復興支援
ドリームカップ

競技会事業

子どもたちに目標を立てる場を!

小学校卒業や中学校卒業といった、子どもたちの成長の節目(例:小学校6年生、中学校3年生を対象)に、基礎体力・基礎技術の「個人の力」を測定、子どもたちの成長の記録を残し、子どもたち自身が自らの能力を知ると同時に、子どもたちに次のステップに踏み出すための目標設定の場を提供するのが、競技会です。

学童野球競技会
少年野球競技会

アスリート事業

子どもたちに伝えたい。

「アスリートによるスポーツ教室を通して、単なる技術だけでなく、それ以上に大切なことを伝えたい。アスリートは、「教える」のではなく、あくまで「ヒント」を与えるだけ。教えられるだけでは、教えられた以上のことはできないし、自分で考えたことに後悔はないはず。自分で考えることが大事で、さらに自分で考えて行動を起こすことが大事。」
 私たちは、こうしたことをスポーツを通して学び、理解してほしいと願っています。子どもたちに伝えたいことは、技術指導だけでうまくなることではありません。スポーツを通して、ひとりの人間として成長していってほしいと考えています。

JOHNNY PROJECT
KAZUYA PROJECT
KOMIYAMA PROJECT